【かつら修理事例035】分け目の増毛と接着台の修理

今回の修理は、分け目の増毛と接着台の修理となります。

分け目は毛が抜けて薄くなってきたため、分け目部分の人工皮膚ごと交換修理となります。
人工皮膚も劣化していたため、増毛だけでは抜けやすくなるためです。

接着台は張替修理となります。

修理前

修理後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください